« いざ、出発 | トップページ | マラウィ上陸6日目 »

遂に、マラウィ上陸

マラウイ日記   2008年6月25日から  H20年1次隊

                         農業土木   新井 健司

6/26(木)

マラウイ隊員、全員無事マラウイに到着しました。ここへ来るまでに

成田発、   6/25 18:20

香港着    6/25 21:55(所要時間約4時間)

香港発         23:50 

南アフリカ着 6/26  7:00(所要時間14時間)

南アフリカ発       11:00

マラウィ リロングエ    14:40着

今から、乗り換えてマラウィ首都リロングエまで行きます(南アフリカ ヨハネスブルグにて)

所用予定時間 約2時間半かけて最終マラウィまで行きます。

心配事、荷物のリカンファーム(確認)を全員やらなかった。ザンビア隊員8名は預け荷物全員ロストしたらしいです。さすがアフリカ。

もう群馬の家を出てから、1日半たつのにまだ着かない、これは家族を呼ぶにも相当気合いが必要、実際にマラウィまで来れたひとは相当の根性入ったひとでないと無理です。

飛行機の中では皆、足がむくみ、エコノミー症候群寸前、

ここで、飛行機での心得、酒コーヒー飲み過ぎない、

よく水分補給し、通路側の席を取り、定期的にトイレや散歩、軽運動

やっと、もううんざりするほど飛行機乗りました。

奇跡的に、人も荷物も無事到着です。ばんざーーーい。

アフリカの第一印象、地面が赤い見渡す限り真っ赤赤、ついでに舗装も土と同じ赤色、

人の印象、とにかく顔が小さい、本当に8等身、こんなに小さい顔の人は、テレビのモデルくらいしかみたこと無い

 夜はドミトリーにて宿泊、そこで先輩隊員から、ドミの使い方や生活全般について説明を受ける。時差ぼけでかなり眠いががんばり説明を聞く。途中で少し落ちてしまった。先輩隊員ごめんなさい。

6/27(金)

今日はJICAマラウィ事務所への挨拶、そしてガイダンス。朝マラウィ事務所のグロリアさんの迎えで事務所まで徒歩とバスで向かう。我々新隊員6名は今日は全員ジャイカブレザーを着ていたのでまわりのマラウィアンの熱い熱い視線を受けながら事務所まで向かいました。来週から各自で事務所まで行かなくてはならないので、行き方を必死に覚えました。

今日の予定は、1日オリエンテーション、大切な話が盛りだくさんなので眠れませんが、何せ、日本時間の夜中に説明を受けているので眠いこと眠いこと大変でした。お昼はシマを食べに行きました。まずくはなかったけれどこれを3食食べると思うとちょっとうんざりかな。

午後はオリエンテーションの後、市内の案内と危険な場所に案内してもらった。さすが黒人ばっかりで町中に一人で出るには勇気が必要。1日の予定が終わりご飯の買い出し、夜は中華料理を食べに行った。相変わらず酒を飲むと寝てしまう癖は変わらず、今日もビール2,3本でノックアウト、明日は交通安全講義、残念ながら以前マラウイ協力隊員の死亡事故があり、遺族がその後お金をリロングウェに提供し、信号を設置したらしい。

6/28(土)

今日は午前中ドミトリーにて交通安全、安全対策講義、午後からは元マラウィ隊員の死亡事故現場に行き慰霊碑の清掃を行い黙祷を捧げました。マラウイ隊員総数は世界で最大ですが、死亡事故や犯罪数が一番多く我々は衝撃を受けました。

夜は、マラウイ所長の家に招かれ、夕飯をご馳走になりました。久々の日本食はとてもうまかったです。マラウイの交通状況、道路状況は東南アジア、タイやフィリピンと比べマナーもよいと思いました。しかし、信号赤でも突っ込んでくる車があり、常に緊張の気の抜けないドライブです。

夜10時半に帰国、夜はドミトリーで先輩隊員と話をしながらこの日記をつけています。明日は初の休日、ネットカフェに行きメールをしまくる予定です。1週間ぶりにメールなので楽しみです。

6/29(日)14:38 ネットカフェより

 

|

« いざ、出発 | トップページ | マラウィ上陸6日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026019/21971897

この記事へのトラックバック一覧です: 遂に、マラウィ上陸:

« いざ、出発 | トップページ | マラウィ上陸6日目 »