« 初国立公園ツアー | トップページ | 語学訓練再開クンバリビレッジにて »

配属先訪問

7/14(月)起床5時半、今日はマラウイに来て一番きつい1日を迎えた、配属先の天然資源専門学校(Natural Resources College)通称NRCへの初訪問である。事前交渉の英語でも大苦戦したが今日は朝から晩までオールイングリッシュ&オールチェチェワ語でかなりストレスを感じ、午後3時にはもう眠気がおそってきた。6時45分にドミを出発しバスデポに7時前、そこで待つこと約1時間8時前にバスはやっとスタートした、NRCまで3.5kmの看板が見える場所で下車し、そこからチャリマトという自転車タクシーに乗ること約15分やっとNRCに到着、入場門から5分歩いて校長室ある棟まで案内され校長室(principal)そして、副校長、職員室、保健室、事務室、食堂、図書館、農場等々を案内していただいた。 学校の第1印象はとてもきれいで広大、そして生徒は皆金持ち、職員もいい車を乗っているというイメージ、こんなエリート集団に果たして教えられるのかとても心配である。更に、日本とは教育制度が異なる。日本の高校では1単位年間35時間で1単位であり、例えば保健など集に1時間あるものがそれに相当する。国語などは週に5時間あれば5単位で年間175時間相当である。マラウイの教育システムは日本の1単位相当は1週間連続で授業を行いしかも朝8時から午後3時半まで6時間継続して授業を行い授業内容は自分自身でアレンジしろと言われた。1週間30時間の授業ならまだしも、3週間90時間の授業になるとかなりきついと感じる。成績の基準は通常点60%、テスト点40%である。とりあえず最初の3週間は様子を見させてもらい、その後実際に授業を受け持つわけだが、大苦戦が十分に予想される。とりあえず、農業土木英語バージョンの教育材料集めをはじめ、英語の勉強とできれば家庭教師をつけ語学力アップを図りたい。

7/15(火)

今日は大学が職員会議のために1日オフ、とは言ってもチェチェワ語の勉強、JICAofficeにお金を取りに行ったり、ご飯の準備などなどやることは盛りだくさん。朝一でチェチェワ語の勉強をしてJICAofficeに向かう、関調整員に住宅のことや大学の様子を伝えお昼に帰宅、夕食の買い物を19-2次隊の先輩隊員と行き夕飯はテールスープ、ビビンバを食べた。一人あたり320KWやはり自炊は安上がりで栄養も満点、ドミにいる間はなるべく自炊を心がけたい、というか自炊をしないと経済的にあるいは栄養的にやっていけないことがわかった。

明日の朝は、7時15に出発予定バスの時間は6時から8時の予定、夕方早くも後輩隊員(短期)がドミにみえた、数ヶ月のプログラムオフィサーらしい少しだけ、ドミの使用方法など解ることを説明し明日から自炊の仲間入りに誘ってみた。

7/16(水)

今日は2日目の大学(NRC)訪問、朝、7時15分に出発予定、早朝に出発した18年隊員の谷川さんがもうバスは行ってしまったとわざわざ、電話連絡してくれた。本当にありがたかった。大学のバスは諦めて、ミニバスと徒歩(1時間以上)で行くことにした。

ミニバスのバス停で降りてから、舗装なしの道を歩きながら大学を目指した、途中で村や小学校の前、マーケットの前などを通過した。白人が歩くことが珍しいことらしく村人や子供たちに注目されながら時にはチャイナ、或いはgive me moneyなどどいわれながらやっと大学にたどりついた。運のいいことに途中で道を聞いた人がNRC近くの先生らしく一緒に道案内してもらい簡単なチェチェワ語も話しながら行くことができた。

今日は大学のmeetingが長引いたらしく、個人的に図書館や農場そして食堂などを見学しお昼前に大学を出発し帰宅した。帰りのバスは数人の学生が興奮し、うちらをののしるような場面もみられた。

/17(木)

今日は3回目の大学訪問、用件と質問事項は灌漑施設見学、大学内の実習道具の見学、英語の授業を受けていいかどうか、お昼の注文方法、家の件などなど、たわいもないことだが関係職員を呼んだりなんだりで、ほぼ1日がかりの仕事となった。昨日と通った、50kwのバスと徒歩1時間20分コースは村の中と人通りの少ない場所を通るため、危険と判断され、調整員より通行禁止令がでたため毎日遠回りかつ、200kwかかる道から通学せざるを得ない。毎日1時間以上歩いているため身体、足が少し疲れ気味だが、日本にいたときはいかに歩いていないかがよくわかった。

午前中、まずMphadsuと言う灌漑担当職員から施設と圃場の見学そして、ランチの予約をしてお昼、職員価格の300kwで食べられた。午後はGodfreyに地図や測量器具を見せてもらった。学校の施設と外見はとてもきれいで感じのいい印象であるが、実験器具や実習器具は殆どそろっていなかった。しかも測量のテープやレベルなども生徒160人に対して4台だけであった。まあこれじゃあろくな実習はできないと感じたがこの状況でやらざるを得ないので、日本がいかに恵まれているかと言うことを痛感した。

Img_0212re

|

« 初国立公園ツアー | トップページ | 語学訓練再開クンバリビレッジにて »

コメント

元気そうだね。
それにしてもなかなかハードな環境だね。
まだ訓練中で温室育ちのフィリピン隊にとっては
未知の世界だわ~~~。
がんばって!

投稿: shibuya | 2008年7月20日 (日) 00時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026019/22387268

この記事へのトラックバック一覧です: 配属先訪問:

» 学校じゃ教えられない 深田恭子, 深田恭子 画像, 深田恭子 ドロンジョ, 深田恭子 水着 [学校じゃ教えられない 深田恭子, 深田恭子 画像, 深田恭子 ドロンジョ, 深田恭子 水着]
学校じゃ教えられない 深田恭子, 深田恭子 画像, 深田恭子 ドロンジョ, 深田恭子 水着, 深田恭子 氷結, 深田恭子 ブログ, 深田恭子 cm, 深田恭子 ダイエット, 深田恭子 壁紙, 深田恭子 ドラマ, 深田京子 画像, ヤッターマン 実写版 深田京子, 深田京子 氷結, 深田京子 ドラマ, 深田京子 ドロンジョ, 深田京子 cm, ヤッターマン 深田京子, ドロンジョ 画像, 深田恭子 ドロンジョ, ドロンジョ コスプレ, ヤッターマン ドロンジョ, ドロンジョ 様, �... [続きを読む]

受信: 2008年7月18日 (金) 21時49分

« 初国立公園ツアー | トップページ | 語学訓練再開クンバリビレッジにて »